体調が悪いときの強い味方! 薬剤師の仕事とは

体調が悪いときの強い味方! 薬剤師の仕事とは


薬剤師の基本をご紹介

薬剤師は、医療に関わる職種のひとつです。大学の薬学部で専門的な教育を受け、国家試験に合格した者だけが薬剤師として働けます。簡単にいえば薬剤師は医薬品に関するプロで、医薬品の種類とその効能、複数の医薬品を利用した場合の副作用などを熟知しています。どの医薬品を使って治療するべきかを決めるのは医師ですが、患者の医療履歴をもとに望まない作用が出ないか最終的にチェックできるのは薬剤師です。おもな勤務地は病院や調剤薬局です。医薬品の在庫を適切に管理したり、医師の処方箋をもとに患者のために医薬品を用意したりします。また、医薬品のメーカーに勤務して新薬の開発に関わったり、スーパーの医薬品コーナーで客の相談を受けて薬を紹介したりする薬剤師もいます。

かかりつけの薬剤師がいると安心

患者の立場から見た薬剤師を紹介すると、心強い相談相手といえます。調剤薬局に医師の処方箋を持っていくと、ほかに利用している薬の有無を質問されます。これは薬の飲み合わせをチェックするための大切な質問です。複数の病院に通っていると、利用する薬の種類も複数もなる傾向にあります。それぞれの病院の医師には飲み合わせをチェックしにくく、薬剤師が重要な役割を果たします。過去に副作用が出た経験があるなら、その情報もふまえてチェックしてくれるので安心です。そのため、利用する調剤薬局はひとつにするか、どのような薬を使っているか正確に伝えられるようにすることが大切です。自宅での薬の保管方法や副作用などわからない点があれば、いつでも相談しましょう。適切に回答してくれるはずです。

薬剤師のシニア求人は、重労働が少ない調剤薬局やドラッグストアなどが募集することがあり、正社員だけでなくパート勤務が可能な職場も目立ちます。

Related Posts