採用されやすくても油断は禁物!地方の工場求人で必要な面接対策

採用されやすくても油断は禁物!地方の工場求人で必要な面接対策

印象を左右する身だしなみ

工場系は必要な人員が多めで他業種に比べて採用されやすいという理由から面接対策をせずに望んでしまう人も少なくありません。いくら採用率が高いといっても無条件に誰でも採用するわけではないのでしっかりと対策を練る必要があります。まず基本として挙げられるのが身だしなみです。髪型や服装は清潔さが感じられる物にしなくてはいけません。髪の長い女性はヘアゴムで縛り、髭を伸ばしている男性は綺麗に整えておくことで印象を良くできます。女性の中にはオシャレの一環でネイルアートなどをしている人もいますが、面接ではマイナスになるので事前に落としておかなくてはいけません。

明確な志望動機の準備

業種を問わず仕事の面接で聞かれる志望動機も大事なポイントです。工場系の場合、仕事で携わるジャンルに興味があるとアピールすることが好印象に繋がります。主な例として車の製造業であれば車好きでドライブが趣味、食品系なら食べることが好きという答えでも問題ありません。ただし、過度に自社製品を褒めるなど好感度を上げようとしていることが透けて見えるような答えは逆にマイナスになります。また、興味がないのにあると嘘をつくことも好感度を下げる要因となるので正直に答えなくてはいけません。

時間に余裕を持っていく

工場系の仕事は決められたスケジュールで作業が進められるため、遅刻など時間に対して厳しいペナルティが課せられているのが特徴です。面接でも同様に遅刻はもちろん、時間ギリギリでも印象が悪くなります。15分から20分程度余裕を持っていくことが大切です。

工場の求人は、ハローワークなど公的なサービスで探すことができます。一定の資格が必要な場合や、初心者でも応募が出来る場合もあります。

Related Posts